会員紹介

役員紹介

直前会長

水野 義治

直前会長を務めさせていただきます、有限会社M・Eトーク 水野義治と申します。
2020年度は会員の皆様のご協力をいただきながら、高山YEG会長として新型コロナウイルスと戦う一年となりました。2021年度は新型コロナのワクチン接種が順調に進み、またリアルなご縁をたくさん作っていけるよう願っております。
私たちはYEGの熱き「きずな」をもって、更なる飛躍の一年となるよう野中会長と一緒に活動させていただきます。ハイブリットな活動で自企業・地域・行政が一体となる活動を会員全員で行ってまいります。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

相談役

大村 洋之

YEG活動、残り3年。今年度、相談役を務めさせていただきます。
『経験を継承する』を自分のスローガンとし、これまで得た経験を会のために、会員のために邁進いたします。コロナ禍は通過点。輝く繋(きずな)が目的地。野中会長年度の1年間、全力で1分1秒を愉しみます。
地元飛騨高山を愛する青年経済団体だからできる経済活動で、青年部会が飛騨高山を活性化させる。そんな会にしたいです。

筆頭副会長

坂平 和雅

今年度筆頭副会長を拝命しました、打保屋乳業株式会社の坂平和雅と申します。
昨年度は新型コロナウイルスの大流行によって、これまでの当たり前が当たり前に行えない苦しい一年となりました。限られた環境の中でも、私たち企業経営に携わる青年経済人は、新たな一歩を踏み出さなければなりません。業態は違えども似たような悩みを抱えている私たちであるからこそ、野中会長の掲げるスローガン「繋(きずな)」を胸に、YEG活動を通じて新たな「繋(きずな)」を築いていきましょう。勇気を持って一歩踏み出すことで、新たな繋がりが見つかります。一人ぼっちではありません。高山YEGの同志と共に新たな一歩を踏み出しましょう。
微力ではありますが野中会長を支え全身全霊で活動してまいる所存です。どうぞよろしくお願いいたします。最後になりますが、YEG活動に対していつも格別なご理解とご協力をいただいております御家族や従業員の皆様に対しまして心から感謝申し上げます。

副会長

中島 太

今年度副会長を拝命しました、株式会社 一善の中島太と申します。
昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大により、地元の観光産業をはじめとして数多くの企業が経済的ダメージを受けました。高山YEGも今まで誰も経験したことのない状況になかなか思うような活動できなかった1年だったと思います。今年度もそんな不安を抱えながらの活動になるかと思いますが、野中会長が掲げられたスローガン「繋(きずな)」の旗印のもと、愉しいYEG活動できるよう頑張らせていただきますので、会員の皆様方の絶大なるご理解とご協力をお願い申し上げます。
今私たちにできる事は、仲間と共に力を合せ、広い視野を持ち、地域経済の発展にために何をするのかが大切だと考えます。「こんな時だからこそ力を合せましょう。こんな時だからこそ愉しい活動をしましょう。こんな時だからこそ信頼できる仲間をみつけましょう。」YEG活動を通じて、会員皆様の自企業が益々発展される事と共に愉しい一年間になります事を心よりご祈念申し上げ役員挨拶とさせて頂きます。一年間宜しくお願い致します。

副会長

鈴木 拓也

今年度副会長を務めさせていただきます、株式会社鈴木製畳の鈴木拓也と申します。
昨年はコロナ禍でなかなか思うようなYEG活動ができない1年となりました。今年度もいつまで今の状態が続くかわかりませんが、高山YEGとしてできることを全力で愉しんでいこうと思います。
また、会員同士の繋がりを大切にできるように1年間活動させていただき野中会長のスローガンでもある素晴らしい繋(きずな)になるよう、微力ながらサポートさせていただきます。初めての副会長で戸惑うこともあると思いますがご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。1年間よろしくお願い致します。

専務理事

河上 祐治

今年度専務理事を拝命いたしました、株式会社ホンダカーズ飛騨の河上祐治と申します。
引き続きコロナ禍でのYEG活動となりますので、会員の皆様、またそのご家族の命、社業を最優先に考えてまいります。このような苦境な状況下でも会員の皆様同士が強固な繋(きずな)を創造し、その繋がりにより助け合い苦境を乗り切れるような1年間になるよう、微力ではございますが野中会長を隣で支えてまいります。
まだまだ若輩者でございますので至らぬ点も多々あるかとは思いますが役員の皆様と会員の皆様と共に高山YEGを盛り上げていけるよう一生懸命努めてまいりますので、共に愉しいんでいきましょう。1年間どうぞ宜しくお願い致します。

総務会計委員長

直井 淳

今年総務会計委員長を務めさせていただくことになりました、高山信用金庫の直井淳です。
新型コロナウイルスが猛威を振るい、私たちの活動も制限される事態となっています。このような状況下でも、高山YEGとして円滑な意思決定をしていく必要があるため、昨年度の臨時総会において電子総会による決議を可能とする規約改定が行われました。これは、会員企業が今後の活動を行っていくうえでも、非常に大きな経験になったと考えています。
今年度も、新しい時代を切り開く青年経済人団体らしく、会員企業と地域経済が持続可能な発展を遂げていくために何ができるかを考えていきたいと思います。そのためにも、委員会メンバーの力をお借りしつつ、このY E G活動を愉しみたいと思います。皆様にはご迷惑をお掛けすることもあろうかと思いますが、野中会長の支えとなり、会員企業と地域の発展のため精一杯努めたいと思います。一年間よろしくお願いいたします。

研修委員長

鴨宮 史門

本年度研修委員長を拝命致しました、北六株式会社の鴨宮史門と申します。
昨年度は新型コロナウイルスが猛威を振るい、あらゆる活動に制限がかかりましたが、今年からはワクチン接種も始まり、徐々にではありますが明るい兆しも見えて参りました。また、振り返るとこれまでは受動的あるいは受け身の姿勢、与えられたものを享受していたように思います。
自身も含め会員の皆様が、事業や会員との交流に、能動的かつ自主的・積極的に参加し、沢山の「繫(きずな)」を創れるような、愉しい委員会運営・事業設営に努めて参りたいと思います。

相互研鑽委員長

新井 賢

今年度相互研鑽委員長を務めさせていただくことになりました、肉の朝日屋の新井賢と申します。
相互研鑽委員会では、会員同士の繋がりを深め自企業発展に繋がるビジネス交流の場、YEGでしか知り合うことが出来なかった会員の方々と親交を深めるスポーツ交流の場、の企画・運営をメインに一年間を愉しみたいと思います。
しかしながら昨年度から続く新型コロナウイルスの影響により大幅な活動制限を余儀なくされました。今年度も先行き不透明な部分はございますが、可能な限り野中会長のもと、愉しい一年間を過ごしていきたいと思っております。一年間宜しくお願い致します。

渉外委員長

島田 明菜

今年度、渉外委員会委員長を務めさせていただきます、ミルフルールの島田明菜と申します。
渉外委員会は、対外的な窓口であり、合同例会の企画・運営と岐阜県連大会や東海ブロック大会など諸大会・諸会議において参加者支援を行う委員会となります。諸大会・諸会議で得られる新たな出会い、多くの学びや気づきを個々の成長に繋げ、今後のYEG活動と自企業の発展に繫がる場として高山YEGの会員皆さまと力を合わせ、取り組んでいきたいと思います。
コロナ禍の状況下ではありますが、今できることを委員会メンバーの皆さまと愉しみながら活動していきたいと思っております。初めての委員長職ということで至らぬ点も多々あるかとは思いますが、一生懸命務めてまいります。1年間どうぞ宜しくお願い致します。

会員交流委員長

松野 辰宣

今年度、会員交流委員会委員長を務めさせていただきます、有限会社松野水道工事店の松野辰宣と申します。
会員交流委員会では、新入会員の皆様が最初に所属する委員会となります。先ずは、YEG活動の流れを知っていただき、事業の企画・設営・参加を通して会員同士の繋がりや絆を深めていただきたいと思います。
また、今後のYEG活動と自企業発展、並びに地域の発展に繋がる貴重な場として、会員の皆様と力を合わせ、愉しみながら活動していきたいと思います。コロナ禍の中、どこまで例年通りの活動ができるかわかりませんが、できる範囲の中で精一杯取り組む所存です。1年間宜しくお願い致します。

広報委員長

大村 一久

現在、アラフォーの我々は、中学入学時には、丸坊主。学生ズボンが太いと言われては、強制的に没収され、義務教育を終えて、高校に入学してからも、鉄拳制裁は当たり前。個性は殺せ、大人の言うことを聞けば、お前たちは、幸せだ。と洗脳されてきた。
しかし、わずか10年で時代は変わり、個性を伸ばせ、世界に一つだけの花!と叫ばれた。そして、昨今、性別の差をなくす、ジェンダーレスの時代へ突入。紀元前、縄文時代から我々のDNAに刷り込まれてきたものへの変化の時代に突入。目まぐるしく価値観が変わるこの世の中で、我々は、どこへ向かい、子供たちに何を伝えていけるのか。
こんな時代の大きな転換期に、高山市商工会議所で役員をさせていただけることに感謝し、仲間との繋がりを大事にし、正義の刀は鞘にしまったままで活動できるよう、祈っています。

地域交流委員長

尾上 玄

今年度地域交流委員長を務めさせていただくことになりました、有限会社アクシアの尾上玄と申します。
昨年度も、委員長を拝命しておりましたが、新型コロナウイルスの影響で思ったような活動ができませんでした。この経験を無駄にしないように今年度は、新しい活動様式で委員会メンバーの力をお借りし、愉しいY E G活動ができるようにしていきます。地域交流の活動としてキャリア教育を始め地域の方々の接する事業を多く担当させていただくことになります。
様々な事業がより良い地域のためY E Gのためになる活動となるように尽力したいとおもいます。若輩者ではございますが野中会長を支え自企業の発展はもちろんのこと、未来の地域やY E Gのことを見据え一年間一生懸命努めたいと思います。一年間よろしくお願いいたします。

【出向理事】東海ブロックYEG 理事 岐阜県連 副会長

清水 大地

出向理事を務めさせていただきます、株式会社清水弥生堂の清水大地と申します。
昨年度はこれまでのようなイベント開催などができず、非常に苦しい1年となりました。しかし、その中でも「復興特別事業実行委員会」を立ち上げ、会員企業のPR動画作成、単会のPR動画作成を行い、会員のためになる新しい取り組みを行うことができました。おかげさまで、いかなる時でも「困難をチャンスに捉えて、前向きに動く」大切さを覚えました。
今年度は、岐阜県連と東海ブロックの副会長というお役目を頂くこととなりました。まだまだ世の中がどうなっていくか不透明な状況ですが、昨年度の経験を生かして愉しく活動をして行きたいと思います。そして地域外の方々と強い繋(きずな)を結び、それを単会に持ち帰れるように頑張ります。よろしくお願い致します。

【出向理事】東海ブロックYEG 相談役 岐阜県連 相談役・専門委員

松林 良太

出向理事を拝命いたしました、有限会社松林工務店の松林良太と申します。
昨年度はコロナ禍において苦悩と葛藤に苛まれましたが、その危機的状況に覚悟と決断力で凌ぎ、YEGのつながりを再認識した一年だったと思います。今年度は野中会長の掲げる「繋(きずな)」のもと、輝きに溢れたYEG活動の新たなご縁の創造を愉しむとともに、単会の枠を越えた同志との繋がりを絶やすことなく紡ぎ、継いでいくことが自分自身の役割と捉え行動し、出向7年目の新境地に臨む所存です。
今を生きる責任世代、地域に根差す青年経済団体として、ニューノーマル時代に挑み、精一杯尽力いたします。一年間どうぞよろしくお願いいたします。

【出向理事】岐阜県連 専門委員

田中 直樹

今年度岐阜県連専門委員を務めさせていただきます。
単会の活動はもちろん岐阜県連の6単会から出向しているメンバーと共に、岐阜県連の活動にも参加し高山YEGと岐阜県連との絆を深めれればと思います。
なかなか活動がしにくい中ではあります、時代に見合った方法を見つけ活動すること、これも又学びです、1年間はあっという間だとは思いますが、精一杯活動に参加し絆を深め自己研鑽してきたいと思います。

監事

舩坂 明宏

本年度監事を拝命致しました、飛騨高原ハム&㈱飛騨チーズ工房の舩坂明宏と申します。
今年でYEGに入会して十六年目。最終年度となります。様々な経験をさせていただいたYEGに少しでも恩返しが出来るよう精一杯努めさせていただきます。どうぞ一年間よろしくお願い申し上げます。
皆様方もご存知のように、現在新型コロナウイルスの影響により、日本はもとより世界中が、先の見えない大変な状況下にあり、過去に経験した事のない環境となっております。こうした厳しい時、苦しい時こそ皆で同じ目標に向かって、力と心を合わせて取り組む事が一番大切であると共に、一人一人が一生懸命考え・行動すれば、どんな難局も乗り越えられると私は思っております。野中会長が掲げられたスローガン「繋(きずな)」のもと、会員の皆様が自身や自企業にとって、YEGが有意義な活動の場となるよう愉しんで参りましょう!

監事

北村 卓也

今年度、監事を務めさせていただきます、日進木工㈱の北村卓也と申します。
昨年度は新型コロナウイルス感染症の世界的流行が生活のあらゆる側面に影響を及ぼし続けるようになり、この高山においても観光客が激減し、街の活気が失われた1年となってしまいました。今年度はワクチン接種がうまく進み、東京五輪の開催等、明るい兆しが見えてくることが切望されています。
高山YEGの全会員が今年度スローガンの「繋(きずな)」を大切にし、再び活気ある高山の経済活動を再開できるよう、手を取り合っていけたらと思っております。過去2回務めさせていただいた委員長の経験を活かし、監事として健全なYEG活動をバックアップしていく所存です。1年間どうぞよろしくお願い致します。会員の皆さまにおかれましては、今年度も前向きな姿勢でYEG活動にご協力をいただけますことを心よりお願い申し上げます。

COPYRIGHT © 高山商工会議所青年部会.