高山YEGとは

委員会の紹介

高山YEG(高山商工会議所青年部会)について

高山YEGには礎となる6つの委員会があります。(総務会計委員会・研修委員会・相互研鑽委員会・渉外委員会・会員交流委員会・広報委員会・地域交流委員会)全ての委員会がキャラの濃い委員長のもと、それぞれの事業に夢と若さと情熱を持って積極果敢にチャレンジしています。

新入会員オリエンテーション

新入会員オリエンテーション

雫宮田植え

雫宮田植え

勉強会

勉強会

臨時総会

臨時総会

忘年会

忘年会

卒業式

卒業式

組織図

組織図

組織図

組織図をPDFファイルで表示する

総務会計委員会

総務会計委員会
①YEGの最高意思決定機関である総会の運営を任される委員会のメンバーとして自覚を持ち、メンバー同士で協力しながら与えられた職務を全うする。
②ATの確認を怠らず、常に情報共有することで足りない部分をフォローし合える共通活動環境を作る。
③他委員会の事業にも関心を持ち、協力する気持ちを持つことでYEG全体としての繋(きずな)の創造に寄与する。
④優先順位は自企業が第一。そのなかで、委員会として取組まなければならない事については、メンバー同士でフォローしながら期限を遵守していく。
主な事業活動
  • 収支予算書及び収支決算書の作成
  • スローガン看板の製作
  • ネームプレート更新
  • 役員会議の運営(資料作成、編集、議事録作成)
  • 通常総会・懇親会の企画及び設営・運営
  • 臨時総会・懇親会の企画及び設営・運営
  • ATの総括管理(アカウント発行・グループ作成等)
  • 備品管理
  • 出納業務
  • 年会費徴収業務

研修委員会

研修委員会
①コロナ禍に於いても、会員が参加し易い運営方法をとる。
②勉強会は会員が自主的・積極的に参加し、愉しんで貰えるような内容とする。
③卒業式はただ卒業会員が卒業していくだけの儀式ではなく、頂いたご恩を返す最後の場であることを忘れることなく、残される現役会員が自主企画運営して心から先輩方を送り出す式典とする。
主な事業活動
  • 勉強会の企画及び設営・運営(2回開催) 5月・9月
  • 卒業証書授与式・懇親会の企画及び設営・運営(相互研鑽委員会と合同) 3月

相互研鑽委員会

相互研鑽委員会
①委員会メンバーの意見を尊重し、時間を有効活用した委員会を運営する。
②スポーツを通して、各会員の方々と交流を深める。
③各業種の方々との交流を通して、創造的能力向上を図る。
④委員会メンバーで協力しあい、各メンバーが責任を持って事業に取り組む。
主な事業活動
  • ビジネス交流会の企画及び設営・運営
  • スポーツ交流会の企画及び設営・運営
  • 卒業証書授与式・懇親会の企画及び設営・運営(研修委員会のサポート)

渉外委員会

渉外委員会
①岐阜県連の仲間と交流を深め、自企業の発展につなげていく。
②県連大会、東海ブロック大会の事業などに参加し、他単会のYEGメンバーと新たな繫(きずな)をつなげる。
③委員会メンバーとのコミュニケーションを大切にし、仲間と共に協力し合える  委員会を目指す。
④思いやりと相互扶助の心を持ち、他委員会の事業にも積極的な参加・協力をする。
⑤委員会内で声を掛け合い、AT返信は100%かつ即回答する。
主な事業活動
  • 岐阜県連役員会(高山)の企画及び設営・運営
  • 岐阜県連合同例会(恵那)への参加、募集案内、取り纏め、交通手配
  • 岐阜県連合同例会(高山)の企画及び設営・運営(会員交流委員会と合同)
  • 岐阜県連大会(各務原)への参加、参加促進活動、募集案内、取り纏め、交通手配
  • 東海ブロック大会(豊田)への参加、参加促進活動、募集案内、取り纏め、交通手配

会員交流委員会

会員交流委員会
①新入会員がコミュニケーションの場である各事業に参加し、より多くの方と交流を深め、自己研鑽の場とし、YEG活動の内容を理解する。
②事業活動の際、新入会員が一人ひとりの責任を明確にし、自覚ある運営を目指す。
③コミュニケーションをとることで愉しい時間を共有し、YEG活動をより充実したものにする。
④担当事業の企画、設営や成功体験を通じ、青年経済人としての成長を図る。
⑤新入会員同士が絆を深め、同期の結束を大切に繋がりの輪を広げる。
主な事業活動
  • 新入会員交流会の企画及び設営・運営
  • 大忘年会の企画及び設営・運営
  • 新入会員の募集案内及び取り纏め
  • 新入会員オリエンテーションの企画設営及び懇親会の設営・運営
  • 岐阜県連合同例会(高山開催)企画及び設営・運営(渉外委員会のサポート)
  • 新入会員の事業への参加促進

広報委員会

広報委員会
①委員長の独断と即断で、よりスピーディに時間を有効活用した委員会を運営する。
②高山市民への情報発信をすべくホームページ運営をし、SNSでの積極的な活動内容の発信により、他のYEGへのインフルエンサーを目指す。
③常に正義感を持って広報活動にあたり、幅広い情報を発信できる体制を整える。
④委員会メンバー全員で広報活動に力を注ぐ。
主な事業活動
  • 基本資料の取り纏め
  • 役員名刺の取り纏め
  • ホームページ更新の取り纏め
  • 会員バナー広告の取り纏め
  • NEXT Takayama 掲載記事依頼及び校正確認 通年(年6回)
  • 取材データー(写真等)のファイル管理 通年
  • ATのファイル管理 通年
  • 各事業の取材活動 通年
  • 活動記録報告書の作成3月
  • 飛騨高山ウルトラマラソンのボランティア協力への参加、案内、取り纏め6月
  • 他団体交流への参加、募集案内、取り纏め 未定

地域交流委員会

地域交流委員会
①「地域交流」を通して地域の方にYEGを知ってもらう。
②委員会メンバー全員が熱い想いを持ちYEG各事業に取り組む。
③担当事業を委員会で創り上げ自企業やYEGに活かせる活動にする。
④委員会メンバー一人ひとりが役割と責任感を持ち事業に取り組む。
⑤高山YEGの一員であることをメンバーが自覚しYEG事業に積極的に参加する。
主な事業活動
  • ちょけらまいかへの参加及び企画
  • 市との交流会の企画及び設営・運営
  • キャリア教育の教育委員会会議参加・学校側との連絡調整講師募集取り纏め
  • OB交流会の案内発信、企画及び設営・運営
  • 雫宮祭(田植え・協賛金募集含む)の案内・担ぎ手募集と参加設営準備及び撤去協力
  • 陣屋前夜市の参加協力

COPYRIGHT © 高山商工会議所青年部会.